UDMAは何の略?意味は?

『UDMA』は、以下のような意味を持つinitialismです。

【カテゴリー:コンピューター/テクノロジー】
– Ultra Direct Memory Accessの略で、高速なデータ転送を実現する技術の一つです。UDMAは、ATA(Advanced Technology Attachment)と呼ばれるハードディスクドライブのインターフェース規格において、データ転送速度を向上させるために採用されています。UDMAのバージョンによって、最大転送速度が異なります。

【カテゴリー:その他】
– 一部の国際空港の略称としても使われます。例えば、ウクライナのキエフ・ボリースピル国際空港の略称は「KBP」ですが、これは「Kyiv Boryspil International Airport」の略称であり、英語圏では「KBP」というよりも「Boryspil」と呼ばれることが多いです。一方、日本の成田国際空港の略称は「NRT」であり、「Narita International Airport」の略称です。

タイトルとURLをコピーしました