OJSは何の略?意味は?

『OJS』は以下のように複数の意味を持ちます。

【カテゴリー:学術出版】
– Open Journal Systemsの略称で、オンライン学術誌の管理・公開システムの一つです。論文の投稿、査読、掲載、アーカイブなどを一元的に管理することができます。主に大学や研究機関、学会などが利用しています。

【カテゴリー:IT】
– Object Job Schedulerの略称で、ジョブスケジューラーの一種です。複数のジョブを定期的に実行するためのスケジュール管理を行います。主に企業やデータセンターなどで利用されます。

【カテゴリー:その他】
– On-the-Job-Trainingの略称で、職場での実践的な研修のことを指します。新入社員や転職者などが、実際の業務に携わりながらスキルを習得することができます。

タイトルとURLをコピーしました