2017年10月26日(木) 第3246号 週刊(毎週木曜日発行)
 ★ 作業工具/ねじ 特集 ★
  • 工作機械需要 ピークに迫る勢い
    ・需要構造は転換期に直面
    ・外需依存度高まりグローバル化一段と
    ・自動車依存からの脱却も視野に
▼第1回国際工作機械見本市(JIMTOF)が大阪で開催されたのは1962年(昭和37年)だった。この時、日本からの出展462社に対し、海外は402社。
▼当時、工作機械の輸入比率は48%、輸出比率はわずか3%に過ぎず、見本市会場は欧米の先進工作機械に席巻されていた。技術導入花盛りの時代で、日本の大手メーカーも出展機種の主力は提携機ばかりだった。
▼貿易自由化が制定され、国をあげての輸出促進策が動き出したのはこの年の下期からである。以来、技術力は急速に強まり、工作機械王国に登りつめ、現在では6割以上を海外に供給している。
▼来年は29回目のJIMTOFが開催される。初回から56年を経過し、まさに隔世の感がするが、IoTやAIの時代を迎え環境は急激に変化した。しかし、肝心のメカ技術を今一度見直す時でもある。
   <作業工具特集 >
     ジャパンブランドで高付加価値化
     製品単価は上昇傾向
  • トップ工業
    ハイパーモンキZERO
    トップ工業 ガタゼロ、軽量スリム化「ハイパーモンキZERO」
  • 兼古製作所 「なめたネジはずしビット」シリーズ拡充
  • エンジニア バイスプライヤー型のネジザウルス
  • ベッセル オイルが付いても滑らない「ウッディソケットレンチ」
  • レッキス工業 フレキシブル管カッタ モデルチェンジ3アイテム
   <新製品・新商品 >
  • スギノマシン Xionα-5AX
    オークマ 並行2スピンドルCNC旋盤「2SP-2500H」
  • スギノマシン 小型5軸立形MC「Xionα-5AX」
  • 松浦機械製作所 中・小物部品加工用MC 「VX-660」
  • 三菱電機 大型高精密金型加工用 油加工液仕様中型ワイヤ放電加工機
  • 神戸製鋼所 造船現場で自動溶接 大型立ロボットシステム
   < ねじ特集 >
   < 新製品・新商品 >
  • DMG森精機_N HX 5500
    三菱マテリアル 正面削りカッタFMAX φ40、φ160追加
  • タンガロイ 難削材用高送りカッタ M級インサート「ハイクワッドF」
  • DMG森精機 大物ワーク量産加工 横形MC「NHX5500・6300」