2017年3月9日(木) 第3226号 週刊(毎週木曜日発行)
 ★ 切削工具/中部機械加工システム展 特集 ★
  • 人化・コスト削減、高能率化 多様なニーズに対応する切削工具
    ・新素材、難削材加工とともに進化
    ・加工ノウハウまでソリューション提供
  • 16年金属加工機械 輸入は高水準維持
▼かつて、各工業会には懇親会の「手締め役」が存在した。大方は業界の長老クラスで、中締めはこの人と相場が決まっていた。
▼日本工作機械工業会では倭周蔵氏(元三井精機専務)、日本金型工業会では北橋幸雄氏(元北橋製作所社長)が長年にわたり務め、両人はむろん、周囲も当然と考えていたものである。今は、こうした名物男は殆ど現れないようだ。
▼昔は個性の強い業界人が多く、その言動はむしろ愛され、競争関係を乗り越えてリスペクトされていたが、時代背景の変化とともに消え、突出したキャラクターの持主は受け入れられなくなったのだろうか。
▼東芝が経営危機に直面している。東芝の顔であり、財界の巨頭だった石橋泰三さんや土光敏夫さんが嘆いているのではないかとは巷の会話。同社に限らず、強烈なカリスマ性のある経営者の再来を望みたい。
   < IoT取り組みと提案 >
   < 切削工具特集 >
   < クローズアップ >
  • イワタツール
    オープンガレージ
    イワタツール 高難易度技術開発にチャレンジ オープンガレージ・オープンカフェ開設
   < インタビュー >
  • 二村機器 二村社長
    二村機器 二村忠宏社長 「ニーズ汲み取りシーズにできる企業へ」
   中部機械加工システム展
  • ジーネット 名古屋支社が主催 17,18日 ポートメッセなごやで開催
    メーカー160社が出品 3テーマゾーンでニーズに対応
   < 出品製品紹介 >
  • 大阪では10・11日にスペース拡大し開催