2019年11月13日号(水) 第1790号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 建設受注いぜん低迷続く、今年度上期10%減、3年連続減少
  • 9月の新設住宅着工4.9%減、3カ月連続前年下回る
  • 今年度上期のリース取扱額14%増、土木建機23%増と好調
  • 本紙関連の秋の叙勲・褒章者
○…過ごしやすい気候になったと思ったら、もう朝晩はコートが要るようになり、北海道では雪の便りが届き、本屋の店頭には来年の手帳やカレンダーが並ぶ。これから各所でマラソン大会が開催されるが、マラソンに挑戦する人たちの多くが〈30キロの壁〉を感じるというのを聞いたことがある。その付近から急激にきつくなるのだとか。〈2019年度マラソン〉は今、30キロ地点が目に入る頃だ。年の瀬を意識して気ぜわしくなりがちな時節だが、心落ち着けて終盤の難所、踏ん張りどころに備えたい。
○…気早く夏頃スタートしたお節料理の予約販売もこれからが本番か。1万円くらいから5万円を超えるものまで一般的なものから超高級志向まで、また中身も和洋中と様々だが、今年は肉なら肉、魚なら魚と〈好物〉だけを詰め込んだ変わり種のお節が評判を呼んでいる。好きなものを贅沢に食べて貰おうというわけだが、苦手な食品を余して捨てるという食品ロスを防ぐ目的もあるという。伝統的なお節料理の世界でも年々少しずつ変化している。変化イコール進歩ともいえようか。
   <コンサス 設立30周年>
  • コンサス 30周年全景
    盛大に記念式典・祝賀会、全社一丸でさらに成長へ
  • 生産機能・品質管理充実へ、アネックスビル開設
  • Wire Tube2020、来年3月30日からデュッセルドルフで開催
  • 九喜ポンプ工業、「ポンプ祭り」謝恩ゴルフコンペを開催
  • TOTO、長野ショールーム新築移転
  • 環境装置受注4カ月ぶり増加、8月549億円、70.8%増
  • 8月の建機出荷5.7%減少、ミニショベルは4%増
  • 7月の鋳鋼生産2.2%減少、鍛鋼も8.3%下回る
   <INCHEM TOKYO2019 開催>
  • 幕張メッセで20日から3日間開催、出展350社880小間
  • 三和ハイドロテック:マグネットポンプ「マグパックシリーズ」
  • ワシノ機器:清掃作業改善に貢献「洗浄式ストレーナ」
  • 一ノ瀬:「針球弁(ニードルボールバルブ)」
  • 兵神装備:「ヘイシンモーノポンプ」
  • 川島商事、ベストパートナー展賑わう、最新の注目製品PR
  • 9月の建設労働需給、配管工は1.8%の不足
  • 奥山管材機器、「山水会」が観劇会催す
  • 東日製作所
    R-CM QSPFHM100N4
    日本バルブ工業会 近畿支部、秋季見学会開く、東亜バルブエンジニアリングの工場視察
  • 大阪エバラ特約代理店会、会員対抗親善ボウリング大会開く
  • 川重冷熱工業、小型貫流ボイラ「ウィルヒート」シリーズ2機種追加
  • 東日製作所、無線ポカヨケトルクレンチ用受信機・発信機受注開始
  • 故渋谷清寿氏(アカギ会長・三門会長)お別れの会