2019年10月2日号(水) 第1786号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 汚水処理未普及人口なお1100万人、地方で施設整備遅れ
  • 「浄化槽の日」普及促進キャンペーン、各地で啓発活動を展開
  • 19年度「循環のみち下水道賞」、グランプリなど表彰
  • 4〜6月のリフォーム受注13%増、管工事が大幅増加
○…大阪の管工機材商の集積地である大阪市西区立売堀・新町地区―通称イタチボリの管材商は今〈戦後3代目〉への事業継承に腐心している。この地は太平洋戦争前から機械金属商のメッカであった。戦後、焼け出された人々が集まり、再び業界が形づくられ、大阪管工機材商業協同組合の組合員(6月時点111社)の70社近くが西区に本拠を構えている。うち、約半数が昭和20年代に創業もしくは設立(法人化)した企業である。
○…30〜40代で創業または本格企業活動を開始した戦後初代は昭和50年代に2代目へ引き継いだところが多く、今また3代目への引き継ぎの時を迎えている。どこも事業継承は多くの課題があるが、とくに、3代目への引き継ぎが大変だとバトンを渡す側はいう。「戦後2代目のわれわれは先代の苦労をみて育ったので、先輩社員の補佐も違和感なく受けたが、時代の風潮か、今の若者はベテラン社員を煙たがる」と。ではどうしているか――次代経営者と同年輩や年下の社員をブレーンとして育てるのが先決なのだとか。悩み多き〈イタチボリ〉ではある。
  • 7月の環境装置受注3カ月連続減少、560億円、34.3%減
  • 8月の建設労働需給、配管工は1.6%の不足
   <業界ニュースファイル>
  • 2019年上期の主要管材・機器製品の生産状況
  • ユアサ商事
    関西GF テーマゾーン
    2019年上期の主要管材・機器製品の生産状況
  • ユアサ商事、「関西GF・中部GF」盛況
  • TOTOYKKAP、岡山にコラボショールーム
  • ヒット商事
    ズンギリボルトカッター
    ヒット商事、新「ズンギリボルトカッター」など管材展でアピール
  • 内田洋行ITソリューションズ、建設・工事業・マンション管理業ITフェア開く
  • アサダ、管内検査カメラ「クリアスコープ2820」新発売
  • 三菱電機、エアコン「霧ヶ峰」新シリーズ順次発売
  • パロマ、無線LAN対応給湯器リモコン