2019年6月26日号(水) 第1776号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 昨年度設備工事受注6.5%増と続伸、管工事9年連続増加
  • 昨年度建設受注3年連続増、大手50社15兆8590億円、6.5%増
  • パロマ、オランダのボイラー・給湯器メーカー傘下に、欧州市場へ進出図る
  • イシグロ、協同バルブ商事から事業譲渡、沖縄で業容拡大へ
○…公正取引委員会が公表した2018年度における下請法の運用状況によると、同法違反による指導件数は過去最多の7710件に上った。近年、増加の一途を辿り、昨年度は14年度の1・4倍にも増えている。一方、中小企業庁まとめの下請代金支払遅延等防止法による各種違反で法名に冠されている「支払い遅延」は直近数値の17年度で実体規定の45%を占めている。毎年、「減額」「困難手形」「買いたたき」を上回り最も多い。
○…通常、企業間の物品商取引で注文を受ける側は〈見積書の提出、受注・納品〉の形をとる。しかし、建設業界では、とくに少額の物品取引において納入業者は口頭注文を受けたあと、見積書と同時に納品することが慣例的に行われてきた。このとき、注文書が後回しになると代金の支払いが遅れる。建設物件が多い現在、この注文書の遅れがひどいとこぼす業者が増えている。建設業繁忙の昨今、小口の注文書は後回しになりがちだという。この行為は法の網をすり抜けてやしないか。建設資機材の納入業者を困らせる建設業界は健全な業界とはいえない。
  • ダイドレ 展示会 様子
    昨年度の建機出荷過去最高、ミニショベルなど好調、2兆8073億円、8.2%増
  • 2月の鋳鋼生産4.7%減、鍛鋼は3.9%増
  • タカラ通商「タカラフェア」賑わう、売上高目標上回る
  • 橋本総業「関西みらい会」総会と上期方針発表会、県別体制さらに強化
  • ダイドレ、ステンレス製透水化粧ふた、建材・住設展で特別賞
  • ミナミサワ、はばたく中小企業・小規模事業者300社に認定
  • TOTO、高知ショールーム移転
  • 九喜ポンプ工業
    九喜会 集合写真
    ユアサ商事、炭協会と青年やまずみ会会長会が合同総会開く、売上高5000億円めざす
  • ユアサ商事「関東流体システム部会」総会、三位一体で発展へ
  • 橋本総業HD 決算、売上高、経常利益など過去最高
  • 九喜ポンプ工業「九喜会」第41回総会開く、新会長に石川武氏
  • 鶴見製作所
    関東ツルミ会総会全景
    鶴見製作所、「関東ツルミ会」総会開く、新たな市場創造へ
  • ベン、「関東桃友会」第33回総会、さらに拡販へ注力
  • フネンアクロス、「近畿フネン特約店会」総会、新会長に杉田欣昭氏
  • 大阪ポンプ卸商組合
    総会懇親会乾杯
    大阪ポンプ卸商組合、第55期総会、製販協調を再確認
  • アサダ、フロンガス回収装置「エコセーバー隼」新発売
  • IBS、Macod社製「水車型専用機」拡販注力
  • ノーリツ、業務用もエコジョーズに、取り替え促進へ小型化
  • リンナイ、音声操作に床暖房も追加
  • 大阪管工機材商業協同組合「管機会」ゴルフコンペ
  • 多田ポンプ、親睦ボウリング大会開く