2019年5月29日号(水) 第1774号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 昨年度環境装置受注いぜん停滞、2182億円、8.3%の伸び
  • 建築着工面積低調続く、昨年度工場は9%増と続伸
  • 春の叙勲・褒章、全管連 副会長藤川氏ら旭日双光章を受章
  • 昨年度アルミ圧延品需要、管材など押出類は微減
○…3月決算企業の株主総会シーズン真っ只中、今年も多くの新社長が誕生している。次期社長と目されていた人、いろいろな要因で運を引き寄せた人、オーナー経営者からバトンを渡されたジュニア――事業継承の形は違うが、それぞれに夢と、やる気を漲らせていよう。同じこの時期、業界団体でも年度総会をへて新代表者が就任している。先が見通しにくい景況の中、重圧をはねのけて明るい話題を提供してほしいものである。
○…新リーダーにばかり期待が集まるが、それを支えるバックボーンがあってこそ新しい取り組みは実を結ぶ。若手経営者にはベテランの右腕が欠かせない。豊富な経験で得た知見でアドバイスできる。団体では裏方となる事務局がその任を担う。団体事務方は年間事業の段取りや内容に精通し、新しい取り組みを模索しようとする新代表者へ様々な助言ができる存在として重要である。業界それぞれに多くの困難な課題に直面している折、挑戦心旺盛な新リーダーが浮き上がることのないよう、トップとブレーンが一体になった組織になるよう望みたい。
  • 設備投資今年度6割超計画、規模別ではいぜん格差
  • IDE研究所が会見、鋼管の復権活動に注力
  • 給水工事技術振興財団、今年度の助成事業を選考
   <業界ニュースファイル>
  • 4月の東京地区管材商景況動向、景況感持ち直し傾向やや鈍化
  • キッツ、第4期中期経営計画、21年度売上高1440億円へ
  • ロングライフビル推進協会、第28回BELCA賞表彰
  • トップ工業 エンビカッター
    ゼンシン、ALC貫通部給湯器用配管集合板「スムーズ・スリーブ」市場投入
  • パロマ、ビルトインコンロ「アバンセ」発売
  • トップ工業、エンビパイプカッターに大径対応を追加
  • クリナップ、洗面化粧台「ティアリス」ラインアップ拡充
  • アズビル金門、LPガス事業者向けクラウドサービス開始
   <決算>