2019年4月3日号(水) 第1769号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • TOTOなど4社 社長
    リフォーム潜在需要上昇、全年代層で増加傾向、予算額平均260万円台に減少
  • 昨年の建設受注低調続く、民間管工事2年連続減
  • TOTOなど4社が合弁会社設立、SOFC実用化加速へ
  • JFEスチール、鍍金鋼管エキストラ価格、一部5〜20%値上げ
○…東京商工リサーチの調査による昨年の倒産件数は8235件で、業歴が分かる7009件のうち、業歴30年以上の〈老舗〉企業は2292件、32・7%を占めた。構成比は前年より1・5?上昇し、ここ15年間で最高を記録した。倒産〈老舗〉企業の構成比は8年連続で30%以上を占めている。一方、業歴10年未満の〈新興〉企業の倒産は1745件、構成比24・8%と、〈老舗〉企業より少ない。この状況は例年同じである。
 ○…同社は〈老舗〉について、過去の成功体験から抜け出せず、新たな投資や取り組みの遅れが致命傷になっているほか、代表者の高齢化が進み、事業承継や後継がスムーズに進まず倒産に至るケースも少なくないのではとしている。〈老舗〉は通常、長年の実績をもとに不動産や内部留保などの資産が厚く、金融機関や取引先などの信用を得ていると思われている。ただ近年、金融機関では財務内容や業績だけでなく、将来性を優先して判断する「事業性評価」が徐々に浸透しているという。単に〈老舗〉というだけでは、先行きの信用判断材料にはならないようだ。
  • 昨年の主要流体機器の生産状況
   <九喜ポンプ工業 創業100周年>
  • 創業100周年 乾杯
    盛大に記念感謝の集い開く、次代に向けさらなる飛躍誓う