2010年9月1日号(水) 第1461号 月4回(第1〜4水曜日発行)
  • 熱回収型ヒートポンプ2020年度見通し、市場規模7倍に急成長
  • 橋本総業、メーカー350社出展し3・4日東京ビッグサイトで「エコみらい市」開催
  • 吉年、パイプニップル値上げ、21日出荷分から約15%
  • 古林工業、鋼製溶接式管継手値上げ、10月から15%以上の改定
  • 国際バルブ技術会議と専門見本市、11月30日から3日間デュッセルドルフで開催
○…1923年の今日9月1日、マグニチュード7・9の地震が関東地方を襲い、関東大震災を引き起こした。ちょうど50年前の1960年、9月1日を「防災の日」と定められた。いつ起きてもおかしくないといわれる東海・東南海・南海地震に備えた訓練を政府が実施するほか、防災の力を高める訓練や防災の考えを広める活動が全国で展開される。「天災は忘れた頃にやってくる」という格言があるが、応用物理学の研究者で洋画家の佐藤勝昭氏は雑誌〈新電気〉の連載エッセイ〈科学よもやま話〉でこう書いている。「天災は忘れずにやってくる」と。
○…阪神大震災では神戸市を中心に130万戸が断水し、復旧に3カ月を要した。同市は基幹水道管の耐震化を進め、耐震化率を地震前の9%から50%以上に高めた。厚生労働省が今年全国調査したところ、震度6強程度の揺れに耐えられる主要水道管路は34%にとどまっている。428の水道事業体で耐震化率90%以上が29ある一方、5%以下が75もある。「必ずやってくる天災」への備えがこれでは、心細くて背筋が寒い。
   <業界ニュースファイル>
  • 京セラ 滋賀八日市工場
    太陽光発電システム
    東京ガス:太陽熱ガス温水システム分譲マンションに初採用
  • 京セラ:国内全工場に太陽光発電システム導入へ
  • 岩谷産業:大阪ヘリウムセンターが本格操業
  • トラスコ中山:現場作業者向けハンドソープ
  • トステム:高断熱複層ガラス標準採用窓
   
岐阜管材・森嶋理事長
三菱電機 オゾン処理システム
<岐阜県管工機材商組合理事長・森嶋靖男氏>
      地元への発注枠拡大を、行政に積極アピール

   <中部GF 特集>
  • ポートメッセなごやで3、4日開催、主催社80、出品メーカー300社、受注120億円・来場者1万人目標
   <橋本総業「エコみらい市」全面広告>