AWTは何の略?意味は?

『AWT』は複数の意味があります。

【カテゴリー:コンピューター】
AWTは、Javaプログラミング言語の一部であり、Abstract Window Toolkitの略称です。AWTは、Javaアプリケーションでグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を作成するためのAPIを提供します。AWTは、Javaの初期バージョンから存在しており、Swingなどのより新しいGUIフレームワークが登場するまで、JavaアプリケーションのGUI開発に広く使用されていました。

【カテゴリー:ビジネス】
AWTは、Average Weekly Timeの略称であり、従業員が1週間あたりに働いた平均時間を表します。この指標は、従業員の生産性や労働時間の適正性を評価するために使用されます。また、AWTは、従業員のシフトスケジュールを作成する際にも使用されます。

タイトルとURLをコピーしました