ASTは何の略?意味は?

『AST』は複数の意味があります。

【カテゴリー:科学技術】
– ASTは「Aspartate Aminotransferase」の略称で、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼと呼ばれる酵素のことを指します。ASTは、肝臓や心臓、筋肉などの細胞内で産生され、細胞が破壊されると血液中に放出されます。ASTの血液中濃度が高くなることは、肝臓や心臓などの臓器の疾患を示す指標として用いられます。

【カテゴリー:コンピューター】
– ASTは「Abstract Syntax Tree」の略称で、抽象構文木と呼ばれるデータ構造のことを指します。ASTは、プログラムのソースコードを解析して、構文解析木から不要な情報を取り除いたものです。ASTは、プログラムの解析や最適化、コンパイルなどに利用されます。

【カテゴリー:その他】
– ASTは「Association of Surgical Technologists」の略称で、外科技師協会と呼ばれる団体のことを指します。ASTは、外科技師の教育や認定、専門的な情報提供などを行っています。

タイトルとURLをコピーしました