商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.6.26(金)

TOTO
7月1日〜8月16日、第16回「トイレ川柳」を募集

「トイレ川柳」は、自宅や勤め先、まちなかのトイレなどでの面白話・ 失敗談など、トイレにまつわるエピソードや想いを川柳形式で募集。 2005年から毎年実施 、 過去 15回の応募総数は37万句を超えた。

TOTO(本社・福岡県北九州市、社長清田徳明氏)は、 第16回 「トイレ川柳」を 7月1日 〜8月16日まで募集する 。
今、私たちは新しい生活様式と向き合い、意識や行動に起きている変化は多岐にわたっている。新たな生活・日常・社会の中、以前の日常を 当たり前に過ごせない今だからこそ、「ありがとう」 という感謝の気持ちを 共有したいという思いから、「感謝賞」を設ける。

審査員の仲畑貴志氏は、日本を代表するコピーライターで、毎日新聞の人気川柳コーナーの選者としても知られ、第1回目より「トイレ川柳」の審査員を務めている。

今年度の最優秀賞は、「ウォシュレット40周年賞」。1980年に温水洗浄便座「ウォシュレット」を販売、今年で40周年。 審査員の仲畑貴志氏による「おしりだって洗ってほしい」 のキャッチコピーは、 今では当たり前の生活習慣となった。 独創的な句を選出する「仲畑貴志賞」や小学生以下を対象とした 「キッズ賞」、中学生・高校生を対象にした「中学生・高校生賞」なども設けている。優秀作品の20句は、トイレットペーパー型川柳集『第 16回トイレ川柳大賞』(350 円・税込)として、いいトイレの日の11月10日にTOTO出版より発行する。

2019年(第15回)最優秀賞はこちら
今回の募集要項概要はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。