商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.6.25(木)

LIXIL
開発途上国向けの手洗いソリューション「SATO Tap」を開発

手洗いソリューション「SATO TaP」
LIXIL(東京都千代田区霞が関、代表取締役会長兼社長CEO兼取締役会議長瀬戸欣哉氏)は、上下水道が設備されていない地域でも利用可能な手洗いソリューション「SATO TaP」を開発した。

「SATO TaP」は、新型コロナ感染予防に貢献でき、手頃な価格で製造や輸送が簡単で、子供にも使いやすく、信頼性が高く、水を節約できるという現地のニーズに適している。同製品は、水と重力の特性を生かしたシンプルなオンとオフの切り替え構造が特徴。

9月までにインドで生産し、2021年初旬までに他国でも生産する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。