商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.6.24(水)

日本ロジスティクス協会・日本能率協会、他関連5団体
「国際物流総合展」2021年3月に愛知で開催

日本ロジスティクス協会と日本能率協会、他関連5団体はこのほど、従来は2年に1度秋に首都圏で開催し、2021年1月に東京での開催を予定していた国内最大の物流専門展示会「国際物流総合展」について会場と開催時期を見直し、2021年3月9日〜12日の4日間、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で初開催することを決定した。

東京オリンピック・パラリンピックの会期変更の影響で首都圏では来年秋まで多くの展示会が開催できない状況の中で、主催者は同展を会場や開催時期を変更してでも業界に向けた最新の情報を発信し、ロジスティクス・物流の課題解決に寄与するべきと考え、今回の愛知開催を決断した。

同展では、「3密」を避けるための新たな運営ガイドラインを設けるとともに、出展者、来場者に対してオンラインを活用した新たな商談機会も提供すべく、新企画の導入も検討している。現在は出展者募集中で申込締切は10月9日まで。詳しい募集要項は公式ホームページhttps://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2021/で入手可能。

<開催概要>
【名称】国際物流総合展2021
【会期】2021年3月9日(火)〜12日(金)10時〜17時
【会場】Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)ホールB〜F
【主催】日本産業機械工業会、日本産業車両協会、日本パレット協会、日本運搬車両機器協会、日本物流システム機器協会、日本ロジスティクスシステム協会、日本能率協会
【展示予定規模】320社/1600小間
【入場登録料】3,000円(税込)ただし、招待状参加者、事前登録者は無料
【来場登録予定者数】3万人

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。