商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.6.4(木)

積水化学工業
FRPM管用離脱防止継手を発売。施工時間を大幅に短縮

積水化学工業株式会社(加藤敬太社長)の環境・ライフラインカンパニー(平居義幸プレジデント)は、このほどFRPM管用の離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」を発売した。

「エスロンFTR-N曲管」は同社独自成形法のFRP製曲管継手で、業界初となるFRPM管用の離脱防止継手で、簡単施工でスラストブロックレス配管を実現。簡単施工で数日程度かかったところを1ヶ所3〜5分程度で離脱防止処理ができ、時間の大幅短縮できる。
@「エスロンFTR−N曲管」
ASUSワイヤ
BRCP(離脱防止ゴム付)の3つの部材を組み合わせで、離脱防止機能を発揮。「エスロンFTR-N曲管」の受口部分には、SUSワイヤ挿入溝とSUSワイヤ挿入孔が設けられており、RCP(離脱防止ゴム付)の挿口部分には、離脱防止ゴムが接着されている。「エスロンFTR-N曲管」とRCP(離脱防止ゴム付)をレバーブロック等で接合した後に、「エスロンFTR-N曲管」のSUSワイヤ挿入孔にSUSワイヤを挿入する事で離脱防止処理が完了する。

「エスロンFTR-N曲管」の受注拡大を含め、2022年度に「エスロンRCP」関連事業の売上高50億円を目指す。
離脱防止継手の仕組と構造
構成部材と離脱防止構造
SUSワイヤを挿入するだけで離脱防止処理が工具不要で簡単に完了
施工時間を大幅に短縮

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。