商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.6.2(火)

アヅマネジ
「リセスインナー」好評。切削切粉・油分飛散を防止

アヅマネジ(東京都墨田区石原2の10の1、社長篠ア晴己氏)が開発した六角穴付きボルト用機能部品「リセスインナー」は、発売以来、ユーザーの高い評価を得て着実に販売実績を伸ばしている。

同製品は、切削加工機械などの六角穴付ボルト駆動部の穴(リセス)に挿入することで、エアーブロー時の切粉や油分の溜まりや飛散を改善するとともに、ボルトが不適正に取り外されることも防止する。

リセスインナーの期待できる効果は、
@六角穴への切粉や油留まりを解消
Aエアーブロー清掃作業の時間を短縮
B作業者への危険な切粉の跳ね返りを軽減
C六角穴を塞ぐため、管理者以外が誤ってボルトを緩めることを防止する―など。

特徴の異なるバーナクル、フラット、プラインナーの3タイプをラインナップ。ステンレス製のバーナクルと鋼製(ステンレス色メッキ)のフラットは専用工具で取り外しが可能。樹脂製のプラインナーは、ボルトが取り外された場合に痕跡が残る。ステンレス製のバーナクルは防錆性に優れ、フラットは平坦であるため、デザインに配慮した箇所への利用に最適な製品となっている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。