商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.6.1(月)

ダイキン工業
東大発スタートアップに出資、協業を加速。エアコンの設計プロセス変革へ

ダイキン工業は、東京大学発のスタートアップ企業、ネイチャーアーキテクツ(東京都港区)の第三者割当増資を引き受け、1億5000万円を出資した。

ネイチャーアーキテクツは、工業製品を構成する硬い部品に振動を吸収できる弾力性を付与したり、製品の可動部をビスやヒンジといった部品に分けることなく一体で設計・製造したりするための独自の設計技術「Direct Functional Modeling(ダイレクトファンクショナルモデリング、DFM)」を開発・提供する。DFMは、完成品に求められるデザインや機能要件に応じて最適な構造を自動で計算する設計技術で、特に複雑な造形物の設計に優れている。

今回の出資により、ダイキン工業は、エアコンを構成する機能部材や部品における従来の設計プロセスの変革を目指す。室外機の駆動源からの振動を抑制する部材にDFMを適用、さらに静音性の高いエアコンを開発するなど、これまで蓄積してきたノウハウだけでは設計が困難だった部材の高度化に取り組む。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。