商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.5.28(木)

荏原環境プラント
小型走行型ロボットのハイボット社と資本業務協定締結

ボイラ水管厚さの自動連続測定用の小型走行型ロボット
荏原製作所グループの荏原環境プラント(本社・東京都大田区、社長渡邉良夫氏)は、このたびハイボット(本社・東京都品川区、社長ミケレ グアラニエリ氏)と資本業務協定を締結した。

ハイボット社は、狭小部位を走行する小型ロボットに関する先進的な技術を有している。荏原環境プラントとハイボット社は 、 水浸超音波探傷センサを搭載の小型走行型ロボット『SQUID(スクイッド)』 を共同で開発。 SQUIDは、ボイラ水管の管寄せ配管の点検口から投入、測定対象の水管まで走行移動させた後、センサを水管へ挿入し、ボイラ水管の厚さを内側から自動連続測定するロボット。 2019年 12月にボイラ水管の厚さ測定の実証実験に成功した。これにより、ボイラ水管の一部を切断するといった準備作業が解消され 、作業時間の短縮・資機材の削減 によって、作業員 の安全性向上と廃棄物削減の両立を実現する。

この実証実験の成功を踏まえ、今後はボイラ水管の点検・維持管理業務領域にて、SQUIDを活用した点検計測作業の効率化、取得データを用いた高精度な寿命予測診断などの点検サービス、RaaS Robot as a Service)を行っていく。

荏原環境プラントは、国内外に延べ 400施設を超える固形廃物処理施設の豊富な納入実績を活かし、更なる安全、安定、安心な 社会インフラ施設の運営を目指し、持続可能な社会の実現に貢献していく。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。