商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.5.23(土)

テクノア
6月から新サービス新サービス「IT経営プロジェクト」を開始

テクノア社LINE公式アカウント
「TECHSシリーズ」など中小製造業向けの業務用パッケージシステムの開発販売を手掛けるテクノア(本社・岐阜市本荘中ノ町8-8-1、社長山ア耕治氏、TEL:058-273-1445)は、6月1日から中小製造業におけるIT経営推進をサポートするための新サービス「IT経営プロジェクト」を提供開始する。同時にテクノア「LINE公式アカウント」を開設し、無料でのIT経営相談受け付けも開始する。同社システムを利用中、または検討中の中小製造業に同社社員の中小企業診断士、ITコーディネータなどスペシャリストが顧客のIT経営実践をサポートするというもの。

同社は、中小製造業におけるITシステムの導入の目的を「事務工数低減による費用削減」だけでなく経営に必要な数字の「見える化」にあるとして、「IT経営プロジェクト」を通じて企業の売り上げ・費用・利益の管理と、課題解決に向けたPDCAサイクルに伴走し、最適な管理会計の仕組み構築の支援を行いたいとしている。

利用の手順は、LINE公式アカウントに友だち登録を行い、相談を送信するだけ。メール( it-keiei@technoa.co.jp )での問い合わせも可能。友だち登録特典として同社主催の「IT経営オンラインセミナー」へ無料参加できる。また一般的な数値分析だけではないスペシャリストによる中小製造業特化型「健康診断」も提供する。

これらに加え、有料メニューでは「個別原価管理の仕組みづくり」、「目標営業利益達成の仕組みづくり」、「月次経営会議の伴走支援」、「経営研修」、「社員向けセミナー」やツールを使った「経営実践研修」などを提供する。有料メニューの提供価格は90万円からで、初年度20社の契約を目標としている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。