商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.5.8(金)

アルプスツール
新バージョンのシャフトワーク搬出装置を投入

シャフトワーク搬出装置「SWP-RB80」
アルプスツールは、このほど新バージョンのシャフトワーク搬出装置「SWP-RB80」を市場に投入した。

CNC旋盤・対向2主軸用シャフトワーク搬出装置「SWP-RB80」は、昨年開発し市場投入したSWP-RB65の太怪用80タイプ新バージョン機。

この装置は、CNC旋盤の2次側スピンドル後方から、空圧閉会式フィンガーチャックで加工済みシャフトワークを把持して旋盤機外に引き抜く。そのまま搬出する位置まで後退させると、シャフトワーク長さとフィードパイプ長さ分のスペースが必要となるが、同社の搬出方式は、フィードパイプで把持したワークを一旦搬出用のクランプ装置へ受け渡し、フィードパイプを横に退避させてから、ワークを搬出位置へ移動させる同社独自の全長短縮機構を採用。

これによって設置スペースは、最小限となる。ワーク可搬重量もワーク重量Max60sとなる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。