商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.4.27(月)

グローベン
新製品「PLAD/plus(プラドプラス)フェンス」

造園・景観資材メーカーのグローベン(本社・名古屋市港区本星崎字南3998の31、社長服部吉剛氏、TEL:052-829-0800)はこのほど、複層合成木材PLAD(プラド)シリーズの新製品「PLAD/plus(プラドプラス)フェンス」を発売した。

合成木材を高密度ポリエチレン樹脂でコーティングした複層式のPLAD(プラド)フェンスに対し、「PLAD/plus(プラドプラス)フェンス」はアルミ角材と表層の合成木材を一体化した複層式で、シートタイプアルミフェンスに比べ天然木に近い質感、柱ピッチ2000mmが可能で、樹脂板フェンスに比べ柱の数が半分になり施工性向上した。また芯材のアルミ角材板厚2mmと表層の木樹脂厚4mmの強度で木目調シートのアルミフェンスに比べビス固定時の板材の凹み、損傷を解消し作業効率向上、従来の木目調シートのアルミフェンスより低価格などの特徴がある。
カラーバリエーションはカーボン、コーヒー、サンド、スモークの4色。
価格は板材(幅105mm×横1999mm×厚さ13mm)4600円(設計価格・税別) 

また同社は「PLAD(プラド)/plusフェンス」の発売に伴い従来のPLAD(プラド)フェンスの名称を「PLAD/ONE(プラドワン)フェンス」と名称変更した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。