商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.4.22(水)

ZMP・鹿島建設
東京外環トンネル工事のバッテリー機関車を無人化

バッテリー機関車「サーボロコ」
ステレオカメラ RoboVision3
ZMP(東京都文京区、社長谷口恒氏)と鹿島建設(東京都港区、社長押味至一氏)は、新トモエ電機工業(東京都大田区、社長西尾公志氏)とカジマメカトロエンジニアリング(東京都港区、社長池田邦彦氏)と協力し、トンネル工事内用バッテリー機関車「サーボロコ」無人自動運転化を開始する。

今回、ステレオカメラ技術を応用、高精度3D マップなしで走行ルート上の建築限界推定を可能にする認識技術を開発、バッテリー機関車に搭載。ディープラーニングを活用した人や物体の認識機能も併せて搭載、現在無人運転化に向けた更なる性能向上に取り組んでいる。

「サーボロコ」には、ZMPのステレオカメラRoboVision、自動運転ソフトウェアIZAC・3D LiDAR 他各種センサーを搭載。
ZMP のVTS(Virtual Tilt Stereo)技術の応用で、周辺環境が常に変わるトンネル工事現場にて、高精度3D マップを使用せずに建築限界の推定と安全のための障害物検出ができる。

ZMP と鹿島建設は、現在鹿島建設が共同企業体を設立、施工している東京外環プロジェクトにおける本線トンネル(南行)東名北工事での全長9,155m のトンネル工事内で本自動運転バッテリー機関車を適用、実際の施工現場での完全無人自動運転実現を目指す。

今後、他のトンネル工事施工現場での導入を実施していきたいとしている。

【東京外環プロジェクト概要HP】
http://tokyo-gaikan-project.com/
【自動運転用ステレオカメラ RoboVision○R 3 HP】
https://www.zmp.co.jp/products/sensor/robovision/robovision3
東京外環プロジェクト全体概要

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。