商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.3.30(月)

二村機器
愛知県津島市で新工場建設

二村社長あいさつ
津島新工場完成予想図
回転センターのトップメーカー・二村機器(名古屋市中村区岩塚町九反所55、社長二村忠宏氏、TEL:052-411-1196)は3月26日、愛知県津島市取得した工場用地(愛知県津島市宇治町小舟戸104)で新工場建築地鎮祭を開催、同社関係者、施工関係者他が出席し建築工事の安全を祈念した。

玉串を奉納した後、挨拶に立った二村社長は「工場の建築とともに新たに生産設備の導入も行い、生産拠点を名古屋市中村区の本社工場と新工場の2か所に増強するとともに、本社工場で研究開発環境を整え、ニーズに即した回転センターの開発・生産を行う」と新工場建設の意図を説明した。

さらに同社の歴史を振り返りながら「当社は1946年の創業から75年目を迎える。この日をスタートに、80年、90年周年を迎えられるよう、これからも初心を忘れず日々邁進していく」と意気込みを話した。

津島新工場は、敷地面積5630平方メートル、延床面積は863・61平方メートルの平屋建て。今後の経済動向をにらみながら増強の余地を残した。
同社工場の総延床面積は2303平方メートルであり全体の30%強の増床となる。新工場へは既存設備を移設し、それに伴う本社工場の空きスペースで研究開発環境の整備を行うが、新規設備の導入も計画しており約20%強の生産能力の増強を予定している。投資額は約8億円。新工場は4月着工、来年3月稼働を予定している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。