商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.27(金)

神戸製鋼所 溶接事業部門
新型アーク溶接ロボット「ARCMAN
TM A60」発売。中厚板溶接への適用拡大

神戸製鋼所 溶接事業部門は、新型アーク溶接ロボット「ARCMANTM A60」を開発、4月1日に販売を開始する。

A60は、「ARCMANTM MP」の後継機。中厚板溶接へのさらなる適用性向上をコンセプトとし、ケーブル処理の簡素化、動作範囲の拡大を実現することで、ワークとの干渉を防止するなどの効果を発揮する。アーム長はMPと同等で、既存の教示プログラムの流用が可能。また、トーチ、トーチケーブル、送給装置等の周辺装置は、MPと共通のものを使用できる。

建設機械、橋梁、鉄道車両などの業種向けから販売をスタート、建築鉄骨向けへ順次拡大する計画である。

アーク溶接ロボットARCMANTMシリーズは、2019年に発売40周年を迎えた。今回のA60の販売により、同シリーズは、A30、A40、A60、A80と、超小型から大型までの4機種で構成される新ラインナップとなった。同社では、各ロボットの特徴を活かし、対象ワークやユーザニーズに最適なシステムを提案していく方針。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。