商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.23(月)

工機ホールディングス
「コードレス卓上スライド丸のこ」発売!

工機ホールディングスは、新製品のコードレス卓上スライド丸のこ「C 3606DRB」を全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売した。
同工具は、固定式の「卓上丸のこ」にスライド機能を追加し、高精度な傾斜切断や溝切りなど様々な木材加工を可能にする。
リフォームやリノベーションなど現場への持ち運びが楽で、小型軽量で取り回しに優れている。

「C 3606DRB」は、最大切断寸法が八寸(245mm)、左右両傾斜の切断が可能な165oのコードレス卓上スライド丸のこ。
トリプルボールベアリングを採用したスライド構造で、軽く滑らかな操作と高精度な切断を実現する。
通常190oの丸のこを使用する五寸笠木も切断することができ、様々な内装材の切断・加工を同機1台で行える。

同機は、蓄電池装着時で10.5kgとクラス最軽量でコードレスのため、造作現場への持ち運びに非常に便利。
ブラシレスモータと独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池(36V⇔18V)」を搭載し、コードレスでありながらAC100Vの電動工具(AC製品)並みの切断性能を発揮する。

また、業界初の2段ベルト駆動方式採用により、ギヤ衝撃によるゴツゴツ感が解消され、スムーズな切断と低騒音を実現した。

希望小売価格は「C 3606DRB」が142,500円(税別)、マルチボルト蓄電池(残量表示付:BSL 36A18)、急速充電器(UC 18YDL2付)。
「C 3606DRB」が109,000円(税別)、蓄電池・充電器別売。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。