商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.3.19(木)

ミスミ
「meviy」切削プレート表面処理バリエーションに熱処理済み「SS400焼鈍材」を追加!

ミスミは、設計データのみで機械加工品が調達できるオンデマンドサービス「meviy(メヴィー)」の切削プレートにおける素材のバリエーションを拡大し、2020年3月19日より「SS400焼鈍材」の取り扱いを開始した。

SS400焼鈍材は熱処理を施すことで切削加工による歪みを抑制できる。
今回、複雑な設計部品や高精度部品等への対応領域を拡大したことで、多くの部品を一括発注できる調達サービスの利便性を高めた。

meviyはブラウザに設計データをアップロードするだけで、AIが価格と納期を即時回答、加工から出荷までを最短1日で実現する製造業における加工部品調達の革新的なサービス。
提供する部品は工場で稼働する設備・装置用から、開発・試作、金型まで、幅広い領域をカバーし、登録は無料で会員になれる。
製造に必要なミクロンレベルの公差(指定寸法に対する誤差許容差)や、加工情報等も画面上で容易に設定できる。

鉄材SS400は安価で加工性が高い反面、切削加工により歪む可能性も高く、自動車部品メーカーなど削り量の多い複雑な設計部品や歪みのない高精度な部品を求めるユーザーから、歪みがなく、より精度の高い公差保証の素材が求められていた。
同社はこれに応え、今回meviyに公差保証の素材「SS400焼鈍材」を追加。ユーザーは高精度な部品を発注する際にかかる膨大な時間と手間を大幅に簡素化できる。

「SS400焼鈍材」は、鋼の組織を均一にする熱処理を加えることで、削っても歪みを発生しづらくした素材で、熱処理を施さないSS400に比べ、歪みや公差に対する品質保証値を10〜15%向上する。

用途は、とくに歪み・公差外れを許容できない部品、高温状況化で使用される部品に適している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。