商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.18(水)

福田交易
クーラント駆動ジェットスピンドルを発売!

福田交易は、クーラントを駆動源に既存の工作機械の主軸回転数を高速化することが可能なクーラント駆動ジェットスピンドル「Colibri JET(コリブリジェット)」を発売している。

同製品は、2003に設立されたColibri Spindles社が製造。センタースルークーラント機能を備えた機械から圧力2〜4MPaのクーラントを供給することで、製品内部のタービンを最高毎分55,000回転まで高速回転させることができる。これにより、既存機械を高速化させ、生産効率の向上、コスト削減を実現する。

「Colibri JET」は、センタースルースピンドルの先端にツールホルダのように取り付けて使用するもので、高速回転の浅切れ込み高送りによる仕上げ加工や半仕上げ加工に適している。

また、 BT30/40、HSK-A63、CAT40、ストレートシャンクなど、各種ツールインターフェースに対応。
胴体がコンパクトなため、ツールマガジンに搭載可能なほか、インターフェースを利用してColibri JETスピンドルを搭載し、メインスピンドルに自動工具交換(ATC)で取り付けが可能。

本体にはセンサーを内蔵し、オプションの「SMARTHUB(スマートハブ)」通信システムを活用し、ワイヤレス通信機能を持つ専用タブレットを使用することで、スピンドル稼働状況のモニタリングが可能なほか、工作機械NCとI/Oまたはシリアル通信を可能する。

使用回転数域は毎分35,000回転〜毎分55,000回転と毎分25,000回転〜毎分50,000回転。
クーラント圧力は2MPa〜4MPaと4MPa〜7MPaの2タイプを取り揃えている。

取り付け後すぐに高速回転になるほか、回転数が高く加工時間を短縮できるなど、低イニシャルコストで既存設備をアップグレードさせることができる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。