商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.16(月)

育良精機
ポータブルバッテリ溶接機「ライトアーク・ISK-Li200A」開発!

ISK-Li200A
育良精機は、電源要らずでいつでもどこでもすぐに溶接が可能なポータブルバッテリ溶接機「ライトアーク・ISK-Li200A」を開発した。

工事業者が溶接作業を行う際、最初に確認するのが電源の有無。
電源が確保できない工事現場は意外と多く、また、確保できたとしても大半が100Aなど、工事で溶接機を使用するとノイズが他の家電製品に影響を及ぼす恐れがある。そのため工事業者はエンジン溶接機を工事現場に持ち込んで溶接作業を行うが、住宅地などではエンジン溶接機の稼働音が近隣住民のクレームにも発展するなど、工事現場によっては周辺住民への配慮も欠かせない。

こうした要求に応えて開発したのが大容量200Aを実現したポータブルバッテリ溶接機「ライトアーク・ISK-Li200A」。
同機はクラス最軽量モデル35sを実現。
残量表示メーターを搭載し、電池残量が一目で確認できるほか、電池の過放電を抑制し、長期保管ができる。

また、溶接中は充電を自動的に遮断することで、ノイズが入力側に流れるのを低減する。
これにより、他の機器への誤作動を防ぐほか、他の機器からのノイズに耐える対策も兼ね備えている。

このほか、温度監視機能、電撃防止機能、短絡保護機能、メモリー機能、点付けモード、ソフトスタート機能など豊富な高機能を備えている。
発売開始は、6月を予定している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。