商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.5(木)

工機ホールディングス
ねじ打機の新製品発売!

WF4AS
EC1445H3(CN)
工機ホールディングスは、ねじ打機の新製品「高圧ねじ打機・WF 4HS」と「ねじ打機・WF 4AS」を発売したほか、エアコンプレッサの新製品「EC 1445H3 (CTN)/(CS)/(CN)」を3月中に全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売する。

ねじ打機は、主に住宅建築で内装用石膏ボードを天井や壁に貼る作業に用いる工具。
動力源としての圧縮空気を発生させる装置「エアコンプレッサ」とセットで使用する。
大量のねじを素早く締める必要があることから、安定した操作性と使い易さが求められている。

「WF 4HS」および「WF 4AS」は、業界最速のねじ締め速度を実現。
同社従来製品に比べ、「WF 4HS」は約1.7倍、「WF 4AS」は約1.2倍のねじ締め速度を高速化した。

また、以前より好評を得ている軽量とバランスの良さを活かしつつ、ねじ締め速度を上げたことで、打つようなスピード感でテンポ良くねじ打ち作業ができる。

さらに、打込み時の反動を低減させたことで、軽い押付けでも安定した作業が行える。

しかも、マフラの交換などメンテナンスが容易に行えるほか、ビッド交換の際に分解を必要としない構造となっており、使い易さが向上した。

一方、3月中の発売を予定しているエアコンプレッサ「EC 1445H3 (CTN)/(CS)/(CN)」は、従来製品から振動を80%低減させ、トップクラスの低騒音を実現。エアコンプレッサから発生する騒音を気にすることなく、快適に作業できる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。