商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.5(木)

日立金属
配電用変圧器向け、低損失な鉄心材料を開発

配電用変圧器鉄心材料 MaDC-ATM
日立金属(社長佐藤光司氏)はFe 基アモルファス合金(アモルファス)Metglasに、磁区制御技術を適用した「MaDC-ATM」(マードック・エー)を開発した。

マードック・エーは従来製品に比べ高磁束密度・鉄損を約25%低減、配電用変圧器の更なる高効率化に寄与する。長年の課題であった量産可能な磁区構造制御技術の開発に成功、自社開発したMetglasに対しその独自技術を適用し、鉄損を大幅に低減した新製品を開発した。

配電用変圧器の小型・軽量化・高効率化に大きく寄与、省エネルギー化・地球温暖化防止など環境負荷低減に向け、大いに期待される。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。