商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.3.4(水)

三菱電機
AI搭載のビル用マルチエアコン 7月中旬に発売。快適性・省エネ性向上

三菱電機は、ビル用マルチエアコンに業界で初めてAIを搭載し、快適性と省エネ性を向上させた新製品を7月中旬に発売する。

空調冷熱総合管理システムに、同社のAI技術「Maisart」を活用。過去のデータから学習して最適な起動時刻の自動設定。ビル用マルチエアコンの最上位モデル「グランマルチ」に接続することで猛暑でも無駄のない予冷・予熱運転と快適な室温を実現する。

また、空調機器は起動時に多くの電力を使うため、それぞれの起動時刻を分散することにより、電気の基本料金計算に用いられる最大需要電力(デマンド値)の抑制にも貢献する。

希望小売価格は、空調冷熱総合管理システム「AE-200J(Ver7.9)」が27万円(税抜き)、ビル用マルチエアコン「グランマルチ」(8〜36馬力)はオープン価格。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。