商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.3.2(月)

ユアサ商事
2日、富士重工ハウスと高千穂を子会社化

ユアサ商事(本社・千代田区、社長田村博之氏)は2日、SUBARU(スバル)グループの富士重工ハウスと高千穂を子会社化したと発表した。

組立式仮設ハウス(コンテナハウス)は災害対策や農業分野での活用など、建設現場以外でも様々なニーズが高まっている。

今回の富士重工ハウス(群馬県伊勢崎市)の子会社化により、ユアサ商事グループの販売ネットワークを駆使し、全国に富士重工ハウスの製品を販売。コンテナハウスの多様なニーズに対し、商品開発から対応が可能になる事で、コンテナハウスの可能性を最大限に活かしていく。

子会社化するもう一社の高千穂(横浜市西区)は神奈川県下を中心に戸建住宅・マンションのリフォーム工事を請け負っており、安定的にリフォーム案件の情報が入る仕組みを構築し、確固たる営業基盤を有している。高千穂は連結子会社のサンエイから、住宅設備機器等の仕入を通じてユアサ商事グループと関わってきた。ユアサ商事は子会社化によるシナジー効果を生かし、神奈川エリアでの戸建住宅とマンションのリフォーム・リノベーションビジネスの更なる拡大を目指す。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。