商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.2.27(木)

イグス
「イグリデュールE7」をすべり軸受材質に追加!

イグスは、低摩擦係数で優れた減振性を備えた高性能樹脂「イグリデュールE7」をすべり軸受材質に追加した。
イグリデュールE7は、ドライリン リニアガイドのスライドパーツとして高性能を発揮する。

産業界の自動化が加速する中、耐久性、コスト効率、エネルギー効率に優れた機械部品が求められている。
イグスは、1983年以来すべり軸受用に無潤滑でメンテナンスフリーの高性能樹脂イグリデュール材質を開発し続け、現在では計57種類を提供している。
これらの材質の一部は2012年以降ドライリン リニアガイドのスライドパーツとして、また2018年以降はドライスピン送りねじナットとして提供している。

「イグリデュールE7」は、すでにカメラや電車ドア、3Dプリンタなど多くの用途で採用され、優れた減振性がユーザーから高評を得ており、今回、イグリデュールE7材質のすべり軸受を開発した。

特に低〜中程度の負荷がかかる揺動運動に適し、推奨最大許容面圧は18MPa。
また摩擦係数が非常に低いため駆動力を削減することができ、その結果コスト削減にも寄与する。

新しいすべり軸受材質は包装機械、繊維機械、家具製造の分野での採用に適している。

イグリデュールE7は、数種類のシャフト上で速度0.01m/秒、負荷1MPaの揺動試験を行い、0.3〜0.8μm/kmと摩耗量が非常に少なく、優れた性能を実証。現在、すべり軸受として12の標準サイズを提供している。
その他のサイズやカスタム仕様については、要望に応じて対応する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。