商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2020.2.25(火)

パロマ
ガスビルトインコンロ「クレア」リニューアル 4月1日に発売。家事ラク、安全・安心を追求

パロマは、ガスビルトインコンロ「CREA(クレア)シリーズ」をリニューアルし、4月1日に発売する。共働き世帯の増加や超高齢化社会による「家事負担の軽減」「安全・安心」といったニーズの高まりに応えた。
拭き掃除がラクになるよう、75cmおよび60cm幅のガラストップ/ハイパーガラスコートトップのすべてに、グリル排気口を小さくし、周囲に段差がないアイランド構造を採用。ガラストップについては、ハイパーガラスコートトップ同様にトッププレート裏にアルミ板を付けることで、バーナー周りの焦げ付きを低減、シリーズとして統一した。放熱によりバーナー周りの温度を同社ホーロートップに比べ約30%(約40℃)低減できるという。

また、「グリルは汚れるから使いたくない」という声を受けて開発した大型グリル調理容器ラ・クックグランをはじめて同梱。これを使った「ラ・クックオートメニュー機能」も搭載したほか、スマートフォンからのレシピ送信にも対応した(要専用アプリ)

一方、安全・安心に関しては、鍋の有無を見守る「鍋なし検知機能」、地震を検知して消火する「感震停止機能」に加え、別売の専用タブレットを用いることにより、外出先からスマートフォンでコンロの点火や消火などの最終履歴を確認できる機能も搭載。遠く離れた家族のゆるやかな見守りとしても活用できる。

また、全コンロの消し忘れ消火時間を初期設定の120分から30分に一括で変更できる機能や、使用時に高温となるグリル扉は3層ガラス構造として火傷低減の配慮をするなど、乾電池で動作するプレミアムビルトインコンロの中でも充実の安全・安心機能を搭載し、幅広い世代に安心して使ってもらえるコンロを追求した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。