商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.2.25(火)

岩谷産業
ガス漏れ警報器に電気・ガス・水道メーター接続。京丹後市で実証スタート

岩谷産業は2月20日、京都府京丹後市と「近未来技術の導入促進に係る連携・協力に関する協定書」を締結。地域の活性化や市民サービスの向上を目的に、通信機能付きガス漏れ警報器に電気・ガス・水道メーター接続し、使用状況などのデータ収集を行う実証試験を開始した。

同市と同社LPガス販売組織会「マルヰ会」の会員である中山商事と連携して、同市内のLPガス顧客を対象に実施するもの。今後は、同市や大学などとも連携し、取得したデータの分析や機器開発を加速させ、高齢者のみまもりサービスや健康管理などに利用する考え。

同社は、国内最大規模のLPガス顧客供給基盤を有しており、全国の顧客に対し緊急時には30分以内に保安作業員が現場に駆け付けられる体制を確立している。加えて、一般家庭に設置するガス漏れ警報器に通信機能を付加することで、「イワタニ・ゲートウェイ」と呼ぶ独自のIoTプラットフォームの構築を進めており、新サービスを提供する「イワタニ・ゲートウェイ」を軸として、さらなるLPガス事業の拡大をめざしている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。