商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.2.18(火)

キッツ
パッケージユニット型水素ステーション事業に参入。販売・施工を4月開始

商用STDパッケージユニット(イラスト)
キッツ(社長堀田康之氏)は2月17日、パッケージユニット型水素ステーション事業の参入を決め、製品の販売・施工を4月に開始すると発表した。

18年3月、小型パッケージユニットを用いた水素ステーションを自家用施設として長坂工場(山梨県)に建設し、約2年に亘り、運用の実証・技術を蓄積、その成果を踏まえてパッケージユニット型水素ステーション事業への参入を決定、水素ステーションに必要な主要機器を集約した独自のパッケージユニットを4月より販売・施工する。同社が販売、施工は完全子会社のキッツエンジニアリングサービスと協力会社のチヨダセキュリティーサービスが担当する。

2月26〜28日に東京ビッグサイト西展示棟で開催される第16回[国際]水素・燃料電池展(FC EXPO2020)に展示、コンパクト・高機能・高信頼性・短納期のパッケージユニットを市場に提案する。

製品の特長・概要はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。