商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.2.14(金)

三菱日立ツール
2月3〜5日、「商品説明会」を開催!

三菱日立ツールは2月3〜5日、東京・大宮・名古屋で販売店関係者を招集して「商品説明会」を開催した。

同社は2017年に新ブランド“MOLDINO”を立ち上げ、金型、モノづくり業界に独創的な工具を提供している。
商品説明会では、樹脂金型加工事例で得た様々な情報を基に、自社工具の性能や優位性を最大限に発揮させる加工ノウハウを、CAMやバイス、ツールプリッセッタなど周辺機器とあわせて紹介した。

第一部では、「MOLDINOが目ざす金型戦略」をテーマに、MOLDINOの由来、金型加工と部品加工の違い、金型市場の現状および金型市場に影響を及ぼす自動車業界のEV化、さらに高精度金型の短納期化を実現する、工具を含めたパッケージング技術を解説した。
プレゼンテーションでは、金型加工の高精度化・高品質化、金型加工時間の短縮、金型加工コストを低減する“Hi-Pre2”コンセプトのメリットを事例と共に解説した。

“Hi-Pre2”コンセプトは、単に切り込み量を多くするのではなく、荒加工から段差を抑えた高精度な切り込みを行うことで、限りなく最終工程の「磨き・調整」時間を短くするもので、同社が提供する異形工具の「GALLEAシリーズ」を活用することで飛躍的な効果を発揮する。

また第二部では、同社が提供する高性能工具シリーズの分類(見分け方)、ならびに現在に至る進化を紹介。
さらに最新工具の高精度リブ溝加工用テーパーボールエンドミル「EB4HR-ATH」、エポックハイハードボールTH3「EHHBE-TH3」、アルファ高送りラジアスミル「TD6N形」、エポックディープラジアスエボリューションハードTH3「EPDREH-TH3」、高硬度鋼加工用面取り工具「DN2HC-ATH」など、最新コーティング技術も含め、最新工具の特徴や性能、加工メリットを紹介した。
この他にも2020年に発売を予定している新製品や追加ラインナップなどの最新情報を解説した。

同社は、2020年2月20日(木)PM13:30〜PM18:30まで、インターコンチネル大阪(大阪府大阪市北区大深町3-60 TEL06-6374-5700)に西日本の販売店関係者を招き、同様の商品説明会を開催する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。