商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.2.7(金)

三井精機工業
コンプレッサ台数制御システム提案!

三井精機工業は、東日本「MTF2020」で、コンプレッサ次世代型台数制御システム「Z-MacsU」を披露した。

同システムは、工場内で稼動する複数のコンプレッサの稼働状況をモニタリングできるもので、最大12台のコンプレッサの稼働状況が確認できる。

「Z-MacsU」は、コンプレッサの稼働履歴、アラーム履歴、消費電力量(全電力=要センサ)、圧力、空気量(要センサ)などの状況がタブレット端末でモニタリングできるほか、パソコンに接続して各コンプレッサの稼動状況を把握することができる。

また、稼働履歴はデータ蓄積が可能なほか、周辺機器制御や中央監視、PLC接続も可能になっている。
エア流量計、電力計との接続が可能なほか、インバータ機の性能を最大限に引き出すDLD(ダイレクトリニアドライブ)制御を搭載、直接モータの回転数を制御できる。

このほか、新開発のコンプレッサ監視システム「Z-Cloud」や「Z-mateU」の連携により、より状態監視を容易に行うことができる。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。