商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.2.7(金)

イグス
ケミカルリサイクルのスタートアップ企業に投資!

イグス・ドイツ本社は、“プラスチックをオイルに”再生する、プラスチックのサーキュラー・エコノミー (循環型経済) を推進するため、初の商業用Cat-HTR(Catalytic Hydrothermal Reactor)プラント始動を計画するスタートアップ企業への投資を開始した。
Cat-HTR技術が目指すのは、再生可能で持続可能な廃棄物を削減するプロセス。
この技術によりプラスチック廃棄物は再生可能オイルとなり、再生されたオイルは新しいプラスチック製品の製造に再利用することができる。

現在、膨大な量の混合プラスチック廃棄物が、世界的な問題になっている。
プラスチック製機械部品メーカーであるイグスにとって、廃プラスチック問題は重大な関心事で、昨年、イグス・ドイツ本社では新たにリサイクルプログラムを立ち上げ、ユーザーが使用済みの他社製品を含むプラスチック製品を引き取り、細かく粉砕して粒状にし再利用している。

Cat-HTR技術は高温・高圧条件下で水のみでオイルに還元するもので、これまでリサイクルが不可能だったプラスチック廃棄物を約20分でオイルに還元することができる。
高温・高圧条件下で水を使用するだけで、化学分解および再合成を実現する。そのため、化石燃料を地下から採取するよりも資源効率に優れている。

イグス・ドイツ本社は7ヶ月に及ぶ集中的な調査を経て、商業用として初のCat-HTRプラント建設を目指すMura Technology社への投資を決定した。
このCat-HTRプラントは、現在英国のウィルトンで計画され、今年建設開始が予定されている。
1つのプラントで、年間約20,000トンのプラスチックが処理され、二酸化炭素排出量を28,180トン削減すると見込まれている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。