商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.1.27(月)

富山市
富山駅北のホール整備事業、佐藤工業・大和ハウスに優先交渉権

富山市は1月24日、富山駅北口の新たな顔として建設を計画する中規模ホール整備官民連携事業について、佐藤工業・大和ハウス工業グループに優先交渉権を与えたと発表した。提案価格の上限が69億8700万円(税抜き)のところ、同グループの提案は約69億8600万円。供用開始は23年4月以降を予定。

同グループは佐藤工業(北陸支店)を代表企業とし、久米設計、押田建築設計事務所、空間創造研究所、スター総合建設、新菱冷熱工業(北陸支社)、松村電機製作所(中部支店)、ヤマハサウンドシステム(名古屋営業所)、コクヨ北陸新潟販売などが協力、隈研吾建築都市設計事務所等も参加する。:大和ハウス工業(富山支店)が余剰地売却先となる。

提案では、地下1階、地上4階建て、延べ床面積約6000平方メートルの建物に約700席の客席を有するホールを建設。内部は木質感あふれる温かみのある空間とし、客席を地下および舞台奥に移動することにより、多様な利用を可能とする。また、隣接地には、商業施設、オフィス、ホテルから成る複合施設(地上10階建て、延べ床面積約1万3000平方メートル)も建設する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。