商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.1.24(金)

オプテックス・エフエー
第六回現場川柳 大賞決定 「作業服 脱げぬ老後の 二千万」

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー(京都市下京区)は『第六回 現場川柳』の受賞作品をこのほど発表。大賞には、らくちゃんさんの「作業服 脱げぬ老後の 二千万」が選ばれた。

同社は10月3日を「センサ(1003)の日」と定め、日本記念日協会の認定を受けたことを祈念し、毎年同日から年末にかけて、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの“現場”にまつわる川柳を募集する企画を実施している。

第6回となる今回は9946作品の応募があり、製造現場における高齢化や人手不足を詠った技術者目線の作品が多かったという。大賞作品は、昨年話題となった老後二千万円問題への嘆きを現場流にうまく表現した点が評価された。他の入選作品は次の通り。

【優秀賞(3作品)】
「難しい 顔して受ける それも技」「ノー残業 電気消されて 闇営業」「見ないふり する時だって ONE TEAM」

【見ル野賞(1作品)】
「もしや罠 休憩室の 求人誌」

【入賞(10作品)】
「おばちゃんが ビッグデータの わが職場」「カップ麺 重しはいつも 平ワッシャー」「欲しいのは クラウドよりも 若人よ」「サボり魔の 秘密基地なる 在庫棚」「タピオカが 部品に見えて 仕方ない」「我慢から 自慢に変わる 発売日」「ワンチーム やっぱり班長 言い出した」「動くまで 時間のかかる 部下とロボ」「他社なのに 回収ニュース 胸痛い」「理不尽も 無理も組み込み 初期ロット」

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。