商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2020.1.23(木)

積水化学工業
世界で最も持続可能性高い100社に選ばれる

積水化学工業(社長下貞二氏)は世界で最も持続可能性の高い100社「2020 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World index」(「2020 Global 100」)に選出された。3年連続5回目になる。

「Global 100」とはカナダのコーポレートナイツ社(Corporate Knights Inc.)が世界のあらゆる業界の大企業(2020年は約7,400社)を対象に、環境・社会・ガバナンス(E/S/G)などの観点から持続可能性を評価、上位100社を選出しているもの。

「2020 Global 100」は1月21日〜24日にスイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の中で発表された。同社はクリーンレベニュー、資源・廃棄物等の管理、イノベーション能力、安全、従業員の定着率などの項目で高い評価を受けている。日本企業は同社を含む6社が選出され、日本企業で最上位の12位にランクされた。

積水化学グループは「新次元の成長」への第一歩として、中期経営計画「SHIFT 2019 -Fusion-」(2017年度〜2019年度)に取り組んでいる。中計名のSHIFTの“S”はSustainableを表し、「E/S/G視点で持続可能な経営基盤構築」を推進している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。