商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.12.25(水)

LIXIL
1月6日、INAX「パブリック向けのクイックタンク式壁掛便器」を新発売

LIXIL(本社・江東区、取締役代表執行役社長 兼 CEO瀬戸欣哉氏)は使いやすさやメンテナンスに優れた壁掛便器に、クイックタンク機構を搭載の「パブリック向けクイックタンク式壁掛便器」を20年1月6日より発売する。

新開発のクイックタンクは奥行のサイズが小さい薄型タンクで、ライニング内に配管スペースを確保でき、ライニング高さを900mmまで低く設定できる。上にモノを置いたり、手をかけたりしやすくなるなど、より利用しやすいトイレ空間を作れる。

給水接続口径は従来のタンク式と同様に15Aで使える。水圧の低い現場(必要最低水圧0.05MPa(17L/分)以上)でも専用部品の手配がなくても便器を設置して使用できる。専用ライニングの場合、クイックタンクは従来のタンク式の約半分の洗浄間隔約20秒を実現、フラッシュバルブ式便器と同様に待ち時間なく快適に使用可能。

さらに、壁掛便器は車いすのフットレストが当たりにくい、足元がすっきりした形状を採用、モップ掃除をする際も 床の奥まで楽な姿勢で 手入れできる。便器の前出寸法は550mmのコンパクト設計で、動作スペースを広く設定でき 、大きな荷物を持った方や高齢者・小さなお子さんなど介助が必要な方への配慮はもちろん、扉サイズの拡大化にも対応したスペースを確保できる。

クイックタンク式壁掛便器特長はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。