商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.12.24(火)

不二越
青い超硬エンドミル「アクアREVOミル」 12月20日より世界同時発売を開始

アクアREVOミル
不二越(本社・東京都港区東新橋1の9の2)は、「アクアREVOシリーズ」の第三弾として、市場からの強い要望のあった不二越独自の青い超硬エンドミル「アクアREVOミル」を12月20日より世界同時発売を開始した。

当社は、2018年11月に、材料・形状・コーティングを一新し、長寿命・高能率・多用途を実現した超硬ドリル「アクアREVOドリル」を発売し、2019年8月には、新発想のオイルホール形状を採用した「アクアREVOドリルオイルホール」をラインナップに追加し、マーケットシェアの拡大を進めている。

今回「アクアREVOミル」を市場投入することで、ユーザーの生産性向上とコストダウンに貢献し、より一層のマーケッツトシェア拡大を図る。

材料部門を有する当社独自の技術を結集して、成分設計と粒径を最適化し、硬さと靭性を高い次元で両立したエンドミル専用の超硬材料を新開発。新コーティングREVO-Mコートと合わせ、コーナ摩耗の進行を抑え、高炭素鋼の加工で、他社に比べ1.5倍の寿命を実現。また、切れ刃を不等間隔に配置し、さらに異なるねじれ角を備える不等リードを採用することで、切削抵抗を低減し、加工面へのびびり振動を抑制し安定した高能率加工が可能。さらに、REVO-Mコートは耐摩耗性、耐熱性だけでなく、耐熱衝撃性にも優れ、ウエット加工でも高い性能を発揮。また、膜表面の超平滑化処理により、耐凝着性を高め、切りくずの噛みこみよる損傷を防ぎ、高硬度鋼やステンレスでは他社に比べ2倍以上の長寿命を実現するなど、一般鋼からステンレス鋼、高硬度材まで、幅広い材質に対応。

シリーズと寸法範囲
▽2枚刃2.5DGタイプ・4枚刃2.5DGタイプ(ギャッシュランド)寸法範囲:Φ1.0〜20.0各20寸法。
参考寸法:代表寸法Φ6.0全長50.0mm。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。