商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.12.18(水)

不二越
中型ロボット「MZ25」追加ラインナップ。12月から発売開始

不二越(本社・東京都港区東新橋1の9の2)は、MZシリーズに中型ロボット「MZ25」を追加ラインナップし、12月から発売開始した。

2013年に7s可搬の軽量コンパクトロボット「MZ07」を市場投入。その後も高速・高精度を特長とするMZシリーズのラインナップを拡充、高い評価を得て、小型ロボットのマーケットシェア拡大を進めてきた。

今般、自動化ニーズがますます高まる自動車部品・一般産業機械分野をターゲットとして、25s可搬中型ロボット「MZ25」を新たにラインナップ。

小型ロボットMZシリーズの高速・高精度と高い汎用性の特長をそのままに、中型ロボット市場でのマーケットシェア拡大を進める。今後も順次、スカラタイプを含めた中小型ロボット、協働ロボットのラインナップを拡げ、ロボットを組み込んだシステム・アプリケ―ションを提供していくことで、あらゆるFA化ニーズに応える。

中型ロボット「MZ25」は同一クラスではトップクラスの作業領域とパワフルな手首トルクで、大型ワーク・ハンドに対し、ローディングをはじめ、バリとり部品の組立・搬送等幅広い用途での使用可能。防塵防滴(IP67)・防錆機能を標準装備し、粉塵、水滴が飛散する環境にも対応。また、軽量化と高剛性を両立した設計でクラストップレベルの高速・高精度動作(位置繰返し精度±0.05mm)を実現、お客様の生産性向上に貢献する。当社独自の中空手首構造に加え、各種アプリケ―ションで要望される配線・配管を機体内に標準装備することで周辺装置との配線などの干渉リスクを低減させ、信頼性が向上。さらに、大流量のエアーブロー等を可能にする大口径のエアーホースや複数のアプリ線取出口を標準装備するなど、利便性を格段に向上させた。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。