商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.12.13(金)

セコ・ツールズ
335.18/335.19 サイドカッタボディ 発売!

セコ・ツールズは、加工が難しい被削材のサイドカット作業で直面する加工企業の課題解決に向けた新製品「335.18/335.19 サイドカッタボディ」を発売した。
新製品は、滑らかで安定したサイドカット加工を可能にする。

同カッタは、クロスピッチのチップポケットにより安定性と生産性を向上したほか、さらにプラグアンドプレイ式の内部クーラントシステム採用により、最高レベルの工具寿命ならびに優れたインサートコントロールを実現する。

また、耐腐食性に優れた新しいカッタボディと4つの切り刃を備えた刃部交換式インサートにより、とくに粘性の高いステンレス鋼、チタン、超合金などの強靱な被削材に対し、従来の高速度鋼カッタを凌駕する高性能を発揮する。

4〜12mmの溝加工と4〜8mmの切断作業用に設計された「335.18」および「335.19」カッタは、32〜125mmまで用途に適したサイズが選択できる。インチ仕様では径1.25〜4インチ、幅0.156〜0.50インチが選択可能。

同カッタのインサートは、幅広い材種、エッジ形状、コーナR(0.2〜6.0mm、0.008〜0.236インチ)に対応。高い柔軟性や使いやすさ、加えて径方向と軸方向の優れたリーチを実現するため、モジュール式CombiMasterTMコネクタを採用している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。