商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.12.13(金)

ケルヒャージャパン
搭乗式スィーパーにバッテリーモデル拡充!12月9日発売

KM105/110 R Bp
小回りの効く搭乗式モデル
ケルヒャージャパンは、搭乗式スィーパーのバッテリーモデル「KM 105/110 R Bp」と「KM 125/130 R Bp」を12月9日発売した。
搭乗式スィーパーは作業者の疲労を抑えつつ、高い性能能力があり、床面のチリや埃など手作業では回収しきれない小さなゴミを、広範囲にわたり効率よく回収する。

昨今、新設が続く大型倉庫や工場では、エンジン機が使用できない施設も多くあり、短時間で広範囲の掃き掃除が可能なバッテリータイプのスィーパーニーズが高まっている。
同社はこれに応え、清掃幅とゴミを回収するコンテナ容量が異なるバッテリーモデルを2製品開発、搭乗式スィーパーのラインナップに追加、拡充した。

2製品は、大型の物流倉庫や工場内部、出荷場など幅広い清掃に適している。

☆主な特徴
(1)小回りが利くバッテリーモデル
「KM 105/110 R Bp」は、最小回転半径2.7m。
「KM 125/130 R Bp」は、最小回転半径3.0m。
狭い場所でも方向転換が可能で、エンジン機器の使用が不可能な倉庫や工場でも稼働可能なバッテリーモデル。

(2)鍵管理システムKIK
作業決定に関する権限を、2種類の鍵で管理者と作業者とで分け、誰が清掃しても均質な清掃結果が得られる。

(3)自動チリ落としシステムTact
フィルターに溜まったチリを、自動で定期的に落とすことで、吸引力を落とさず清掃できる。
また、小型フィルターの採用でコンパクト化わ実現。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。