商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.12.9(月)

NEDO・竹中工務店・中央大学
土砂搬送可能なぜん動ポンプの試験機を完成

土砂搬送用ぜん動ポンプ(左:小型機 右:大型機)
NEDO(国立研究開発法人新エネルギーエネルギー・産業技術総合開発機構)は将来の国家プロジェクトなどに繋がる有望な技術の原石を発掘するための先導研究プログラムを実施しており、竹中工務店、中央大学と共同で、世界で初めて土砂の搬送が可能なぜん動ポンプを開発、試験機を完成させた。

ぜん動ポンプは腸のぜん動運動を機械的に模倣し、加圧機構が経路上に分散して配置され、対象物を外部から遮断された状態で搬送するため、エネルギー損失が小さく、持ち上げられる高さに理論上の限界がない。従来のぜん動ポンプは流動性の高い液体・粘体やスラリーへの適用はあったが、これまで流動性が低い土砂には適用されていなかった。

今回、土砂の粒子の性状・含水比・搬送特性の関係を分析、ゴムチューブの形状の工夫や含水比を調整できる機構を設け、土砂の搬送が可能なぜん動ポンプの試作機を完成させた。将来的には、大深度・海底や月面などの極限環境での掘削・運搬作業への適用が期待される。

同機は12月18〜21日まで東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」の中央大学ブースにて展示される。

ぜん動ポンプによる土砂搬送の様子 土砂搬送用ぜん動ポンプによる土砂搬送実験。
https://youtu.be/b2DYcoO_j4U

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。