商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.12.5(木)

彌満和製作所
Z-PROシリーズ第一弾、スパイラルタップ「VUSP」 ポイントタップ「VUPO」 寸法・精度を拡充

コーティングスパイラルタップ「VUSP」
コーティングポイントタップ「VUPO」
彌満和製作所(東京都中央区京橋3の13の10、社長渡邊芳男氏)の「Z-PROシリーズ」第一弾、新コーティングスパイラルタップ「VUSP」と新コーティングポイントタップ「VUPO」が、寸法・精度を拡充して好評販売中。同商品はマシニングセンタにおける水溶性切削油剤加工に最適な仕様+形状を追及して開発された。

VUSPは、独自の溝形状とショートのねじ部を採用しており、全長をロング化することでマシニングセンタ加工において最適な突き出し長さを確保した。これにより、排出された切りくずはホルダへの接触がなくなり、突発的な切りくずトラブルを解消した。また、高級粉末ハイスに特殊コーティングを採用することで水溶性切削油材にも対応し、安定した加工と高寿命を実現している。

VUPOは、独自の刃形状により切りくずの排出向上と切削抵抗を低減し、良好なめねじと工具寿命を確保した。高級粉末ハイスと特殊コーティングで耐久力が向上させるとともに、適正な工具突出し量を確保し、良好な水溶性切削油剤の供給が可能となった。

「VUSP」、「VUPO」は、一般構造用鋼、炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼など幅広い被削材加工に対応する。

問い合わせは、同社タッピング技術相談室(TEL:0120-800-418)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。